植物・生物 空・天気 🌼春はそこまで -パンジー-

2020年3月5日

テーマ:
植物・生物/空・天気
年 齢:
5歳児
ねらい:
自分たちで育てた植物の成長に気づき、春の訪れを感じる

活動内容

3月5日

ひな祭りも終わり、年長さんは卒園式まであと少しという時期を迎えました。花壇には秋に植えたチューリップの球根が芽を出し、左右に広げた葉っぱで太陽の光を嬉しそうに受け止めています。せっかく出た芽が踏まれないようにと、保育キーパーさんに花壇の周りをフェンスで囲ってもらいました。

年長さんにはもう一つ、冬の間お世話を続けて大切に育ててきた植物があります。

9月24日、小さな種をポットに蒔きました

11月5日、一回り大きなポットに植え替えました

元気に大きく育ってね

パンジーです。晴れた日はテラスに出してお日様の光を浴びさせ、夕方は室内に入れて・・・を毎日繰り返しました。どんどん葉っぱの数と大きさが増し、2月の中旬ころからつぼみも見えてきました。

3月、こんなに立派に育ちました

開きかけたつぼみ、見えますか?

春はそこまで来ています。

子ども達のきづき

子ども達は「○○君のに花が2つついてる!咲きそうだよ」「僕のにつぼみあるかなぁ」とパンジーを一生懸命観察していました。かわいいイラストを描いた植木鉢も用意しました。自分たちの卒園式には、パンジーをその植木鉢に入れて遊戯室に飾る予定です。

事例に対する保育者の思い

種を蒔いてから5ヶ月もの時をかけて育ったパンジーがつぼみを膨らませています。ちらりと覗くつぼみの色はポットによって様々なようです。もう少ししたら花を開くことでしょう。どんな色のお花が咲くのか子ども達と楽しみに待ちたいと思います。

新型コロナウイルスが世界に日本に感染を広げ、強い不安と不自由さとを感じる毎日ですが、すくすくと未来に向かって育つ子ども達と、寒い冬を越えて濃い緑色の葉っぱの陰につぼみを膨らませるパンジーに、心が勇気づけられたり癒されたりするこの頃です。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたかせほいくえん 佐久市立高瀬保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 青木 杉子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0016 佐久市鳴瀬1371
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2155 
FAX : 0267-67-2155 
MAIL : takase-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/takase.html
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 18人 4歳児 : 18人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ