土 植物・生物 空・天気 食 🌼大根 -大根せんべい編-

2019年12月3日

テーマ:
土/植物・生物/空・天気/食
年 齢:
5歳児 
ねらい:
・畑で育った大根を抜き、収穫の喜びを味わう
・念願だった「大根せんべい」にして味わう 

活動内容

12月3日

高瀬保育園のある佐久市では、朝晩は氷点下という冷え込みを今期何度か経験しました。口に出して言いたくはないのですが、もう『冬』であることは確かです。・・・ということで、種まきが遅かった分、収穫を先延ばしにしてきた大根ですが、もう季節の関係上限界です。今日はみんなで大根の収穫です。

両手でしっかり持って、大根を抜きます!

抜けたぁー!

この穴、誰の仕業?

一人一本ずつ抜いたら、お部屋の前まで運びます。嬉しいから、高々と掲げて歩きます。

「大根おみこし!わっしょい、わっしょい!!」

葉っぱを切ってもらったら、水で洗います

皮むきをします

皮むきはジャガイモでも経験済みなので上手にできました。皮がむけたら薄く輪切りにしてみそマヨを載せて「いただきます」

大根せんべい、オープンサンドバージョン

3歳児さんも、4歳児さんも、大根を収穫しましたよ。これで今年の畑作りは終了です。初夏から今日まで、たくさんのお野菜を育んでくれた畑の土、お日様、雨、風、虫、植え付けや準備のお手伝いをしてくださった祖父母のみなさんや地域の皆さん、そして毎日畑に通った子ども達に・・・「ありがとうございました」

収穫後のいい笑顔

子ども達のきづき

【収穫の時】・虫がいる ・大根に穴が開いている(穴をあけたのは誰だろう?) ・大きい大根もあるし、赤ちゃん大根もある ・いい大根がとれてよかった ・早く大根せんべい食べたいな

【大根せんべいを食べる時】・少し辛そうな匂いがする、嗅いでみて… ・大根の下のほうは辛いらしいよ ・何もつけなくても大根おいしい ・食べてみたら辛くない ・でも最後に少し辛い感じがある ・おかわりください ・パリパリ音がする

事例に対する保育者の思い

年長さんの大根は種まきが遅かった分、やや小ぶりな大根でした。年長さんよりさらに種まきが遅かった年中さんと年少さんの大根は、とてもかわいらしい大きさでした。(農作業においての、ひと月、10日、一週間という時間のずれが作物の育ちにこんなにも影響するものなのだということを、今回大根からよく教りました)

子ども達は、大きくても小さくても大根の収穫をとても喜んでいました。収穫の喜びを自分の手で今回も感じることができました。そして大根せんべいをポリポリと食べていい笑顔でした。これからもっと寒くなるけれど、大根パワーできっと風邪をひかないで元気に過ごせるね!

大根は身体の免疫力を高めてくれる優れた野菜なので、風邪やインフルエンザが流行る季節には積極的に食事に摂り入れたい野菜です。さらに生で食べることによって、大根が持つさまざまな効果をしっかりと取り込むことが出来ますので、大根せんべいや大根スティックはおすすめの食べ方です。作り方は子ども達が教えてくれますから聞いてみてください。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたかせほいくえん 佐久市立高瀬保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 青木 杉子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0016 佐久市鳴瀬1371
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2155 
FAX : 0267-67-2155 
MAIL : jidou@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/takase.html
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 18人 4歳児 : 18人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ