植物・生物 人・地域 食 🌼リンゴ狩り

2019年10月8日

テーマ:
植物・生物/人・地域/食
年 齢:
5歳児 4歳児 3歳児
ねらい:
・真っ赤に染まったりんごを自分の手で採り、収穫の喜びを味わう
・リンゴを育ててくれた方に感謝の気持ちを持ちながらリンゴを味わう

活動内容

10月8日

今日はリンゴ狩り。子ども達はウキウキです。毎年保育園の子ども達にリンゴ狩りを経験させてくださっている柳沢さんのリンゴ畑までは園から歩いて25分。

心配だったお天気も大丈夫のようです。リンゴ畑に到着です。

シナノピッコロ

柳沢さんから「リンゴはくるくるっと回すととれるからね、好きなのを選んでとってみてね」というお話をお聞きし、さあリンゴ狩り。でもこんなにもたくさんの、こんなにも真っ赤なリンゴ・・・一つ選ぶのはなかなか難しい。子ども達は、よく眺めて、大きさを見比べて、色を見て、『一つ』を決めました。

どれがいいかな

これに決めた!

お気に入りの一つを取ったらお水で洗わせてもらって「いただきます!」

おいしくてみんないいお顔。

柳沢さん、今日はありがとうございました。また来年もお願いします!

子ども達のきづき

♦木にいっぱいなっていてびっくりした♦赤くてきれい♦とるとき少し固かった(簡単にとれなかった)♦とってもとってもおいしかった!♦噛んだら「パリッ」て言った♦種があった!【この声はリンゴ狩り初体験の3歳児からたくさん聞かれました。種があることにそんなに驚くかな?と思われるかもしれませんが、皮をむいて芯を取って食べるのが普通ですから、今までリンゴを食べてきても種には出会わなかったのですね・・・種との出会いは新発見だったのです】♦リンゴをこんなに赤く育ててくれてありがとう!(柳沢さんへ)

事例に対する保育者の思い

シナノピッコロは「ゴールデンデリシャス」に「あかね」を交配して作られたリンゴです。小ぶりだけど味が良く、皮が薄くて丸かじりに向いた品種です。「とりたてが一番おいしいよ」と柳沢さんがおっしゃっていましたがその通り、甘味・酸味と甘い香りが楽しめました。子ども達は自分で選んで収穫したリンゴを本当においしそうにかじっていました。芯まで食べてしまった子もいるほどです。

子ども達にこういう機会を与えてくださった柳沢さん、今年も本当にありがとうございました。

来年も美味しいリンゴができますように。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたかせほいくえん 佐久市立高瀬保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 青木 杉子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0016 佐久市鳴瀬1371
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2155 
FAX : 0267-67-2155 
MAIL : jidou@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/takase.html
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 18人 4歳児 : 18人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ