2018.03.29

筑北村立ひまわり保育園 : 園長 小河原 寿美子さん

自然豊かな筑北村~「保育園応援団」が結成され、地域全体で子どもを育てています

① お勤めの園の特長や魅力について教えてください。

筑北村は田んぼや畑、山に囲まれていて園庭がいらないくらい自然の中で遊べる環境にあります。

筑北ひまわり保育園・坂井保育園と合同で園の田んぼで田植え・稲刈り・脱穀をしてもち米を収穫します。お米の成長を間近で見ながらお米のありがたさを実感してもちつきをします。

畑ではたくさんの野菜を育てて給食でいただきます。近くのリンゴ園に行って収穫体験もします。山にも出かけてたくさん遊びます。園から少し上って行くとアルプスがずーっと見渡せてとても気持ちがいいです。

坂井保育園は、園の横に川があり川遊びが毎日できます。魚やカニがいたり、蛍も見られます。近くには牛がいるのでよく見に行ったり、冬は雪遊びがたくさんできたります。

農業活動やリンゴ狩りや川遊びなど保育園だけではできない活動を支えてくださっている地域の保育園応援団の方々のご支援のおかげであり、子どもたちも地域の皆さまに感謝の心がたくさん芽生えています。

また自然の中で子どもたちは不思議なこと、わからないことに対して「どうしてなんだろう?」「これなんだろう?」というたくさんの発見や気付きがあります。そこから図鑑で調べてみることや地域の方に教えていただくことなど、たくさんの学びをしています。この学びを自然保育の中でたくさんできることが将来の学習意欲にもつながっていく基礎になるのではないかと感じています。

今年度は保育園応援団が結成されて、自然保育以外にも読み聞かせ・わらべうた・クッキング・楽器演奏など多くの方が関わって子どもたちのためにと様々な経験のお手伝いをしてくださり、地域全体で連携して子どもを育て小学校につながっていくことがありがたいことだと思っています。

 

通っている子ども達の特長や成長の様子について感じることを教えてください。

田舎でありながら昔ながらの伝承行事や自然で遊ぶなどのことも少なくなっているので園に来て初めて体験することがたくさんあります。保育園の活動の中に生きる力の基礎になるような自然遊びを取り入れることにより、仲間同士で工夫したり考えたり、あきらめず挑戦してみようとする素直な子どもたちが多いと感じます。

 

園の活動や子ども達の様子について、印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

◎田植えの後、田んぼの中を走り回ったり泳いでいたり、ぬるぬるする泥の感触を感じながら泥んこ遊びの始まりです。そのうち保護者もいっしょに泥遊びをしてくれたので子どもたちは大興奮でした。そのあと、汚れた服や帽子を用水路で足ふみ洗濯をしていたり、用水路の中に寝そべっていたりと自然人になっていました。

◎川遊びでは、仕掛けを作り餌は何を入れようという話し合いにより、「焼き鳥」・「梅干し」・「わさび」・「くだもの」・「さきいか」…と子どもの発想で餌をつけたところ、カジカやハヤ・カニが捕れたので大喜びでした。竹を切ってトヨを作り流しそうめんのようにして遊んだり、竹でいかだを作って乗ってみたりと遊びがどんどん楽しくなります。

山では、ツルでブランコをしたりターザンのように遊び、岩肌でおしりすべりを楽しみます。木登りはお手の物、枝を鉄棒にしていました。(ブランコ、滑り台、上り棒は、園には必要ないくらいです)

◎りんご園では地域の方のお声掛けにより花見から始まり摘果や葉摘みを手伝い、マイりんごを決め名前を付けて収獲します。リンゴになるまでの成長の瞬間瞬間に立ち会ってこその自分だけの特別なりんごなので大切に持って帰ります。リンゴ畑でも枝を拾って製作したり、草を投げたりして楽しんだあとはきちんと片づけるなど、遊びながら周囲との関係も学んでいました。

「様々な体験活動を幼児期から積極的に取り入れる自然保育」についてどう思われますか

与えられる遊びでなくそこにあるもので自分で遊びを考える、自然の不思議さや大切さ、命について知る、危険に対しての対応力が身につくなど、体験することで興味や関心が広がり深まっていくと思います。小さい頃の経験は将来に大きな影響を与えると思います。また、たくさんの人との関わりが生まれます。住んでいる地域の自然を知り、地域の方々にお世話になることで思い出となり、故郷を思う気持ちが育ってほしいと願います。

今後、みなさんの園に入園される親子のみなさんへメッセージをお願いします

季節をいっぱい感じながら自然の中で思い切り遊びましょう。子どもたちの発想や行動は無限大です。そんな可能性や個性を引き出すお手伝いをさせていただきます。お父さん・お母さんもいっしょに楽しんでください。子どもさんの成長を喜び合いましょう。

最後に、今後自然保育に取り組もうと考えている保育者の方へメッセージをお願いします。

園だけでなく地域に発信して地域の方と繋がり、知恵や力をお借りすると良いと思います。子どもたちといっしょにたくさんの発見や感動を味わってください。保育者自身が楽しいと思うことが一番大切だと思います。小さい頃の体験は大人になって大切な宝物になるでしょう。