本園の特徴

(保育理念)
子ども一人ひとりを尊重し慈しみ、子どもの最善の利益を守り、保護者、地域とともに子育てができる保育園を目指す。

(保育方針)
豊かな自然の中で様々な体験を通して感性を高め、生き抜く力を育てる保育。命を大切に、相手の痛みに共感し、解決に向かうやさしい心を育てる保育。

(地域に根ざした保育園)
①地域との交流・連携
未就園児との交流(年9回)、園庭開放(年15回)、おらが庵のお年寄りとの交流、ひだまりセンターの方との交流(花植え、草取り、球根植え等)、公民館文化展への作品出展、いきいき年輪の集い参加(2年に1回)、中学生家庭科学習での受け入れ、中学生職場体験受入れ、ボランティアの受け入れ。
②地域の方の協力による交通安全教室
③日々の散歩、登降園に会話やあいさつをする。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

水 空・天気 人・地域 つくる 雪となかよし♪

2019年1月18日

テーマ:
水/空・天気/人・地域/つくる
年 齢:
5歳児
ねらい:
・氷や雪などの冬の自然現象に触れ、その性質を知り、様々な遊びに取り入れながら、興味関心を深める。

活動内容

2019年も始まって数日が過ぎましたね。一日一日過ぎるのが早いですね。

年長さんも保育園で過ごすのが残り数ヶ月となりました。

保育園での最後の雪遊びの様子を紹介していきたいと思います。

 

晴れた日の園庭。庭の真ん中に雪山ができたことが嬉しくて毎日のように外で雪遊びを楽しんでいます。

 

 

この日は保育園に来た友達が少なく、ちょっと寂しそうでしたが周りの友達に声をかけて一緒に協力して遊ぶ姿が見られました。

 

 

一生懸命何をしているのかな〜と思って見ていると・・・

 

 

かまくらを作って、そこに保育士からもらったツララをしまいこんでいました。

どこに隠そうかな〜かまくらの中だとすぐにバレちゃうかな〜

なんて色々な声が飛び交っており、結局『なにしてるの?』なーんて声をかけてしまいました。

「お宝隠してるの」

「先生からもらった大事なツララだから壊されたくないの」

と言ってみんなで楽しんでいました。

ん〜ただのツララも子ども達にとってはお宝になるんですね。私も嬉しくなりました♪

 

そのうちクラスの他の友達も呼んでみんなでかまくらに入っておうちごっこをしていました。

 

 

「ぶどうさんみんなで入れるくらいの大きなかまくら作れればいいな〜」と、つぶやいていました。

今度みんなで作ってみようと話し合っていたので早めの実現になるといいですね♪

 

この日は雪がフカフカでとっても気持ちよかったので、こんな姿も♪

 

わざとすってんころりん!!

「転んでも痛くないよ〜」と喜んでいました。雪の感触を全身で味わってますね!

 

 

 

 

さてこちらでは雪山でそり遊びを楽しむお友達。

 

見ていると、何回も繰り返してどこが一番たくさん滑るかを研究しているように見えました♪

気に入ったコース見つかったかな?

 

 

そりをスノーボードに見立てて滑るお友達。

ポーズもきまってますね!!

 

 

 

何回も滑って感覚をつかもうと挑戦していました。

 

 

 

 

「先生見てて〜!」と、得意気に滑って見せてくれました。

すごい!!

もう立って乗ってる!!子ども達の身体能力に驚きでした。

 

 

さてこちらでは女の子が雪に色をつけて楽しんでいました。

色が混ざり合う様子を見て

『この色いいねー!』

『なんか美味しそう』

と会話を楽しみながら遊んでいました。

 

それぞれが雪の中で様々な発見をしたり、感触を楽しんだりして、雪と仲良くなってました♪

今後はどんな姿が見られるかな?

楽しみですね。

 

 

子ども達のきづき

 

 

まだ足を踏み入れていない所を発見!!

思わず雪の中へダイブ!

『ふわふわだね〜』

『気持ちいいね〜』

『今日の空は最高だね☆』

なーんて子ども達の素敵な会話も聞こえてきました。

雪の上に寝転んだだけなのに、色々な発見があるんですね。

 

 

 

さて、こちらでは…

 

ん?さっきまでお宝と呼んでいたツララを…

 

ガーーーーーン。(笑)

 

というのは冗談です。

みんなツララを割って研究してたんですよ。

 

なんと、割れたツララを太陽に当てると虹色に光るところを発見!!

と、いうことで、綺麗な宝石をたくさん作ってみんなに分けてあげようと、宝石屋さんができたのです。

 

コンコン。ガンガン。ガリッ。ゴリッ。

と様々な音が聞こえてきました。

 

 

 

たくさんできたね〜。

 

 

コンクリートで削ることも、覚えました。

 

 

『こうやってやると平らになるよ』

 

 

 

 

『これとこれは同じ大きさだから同じところに置いておくね』

みんな研究してますね〜。

すごいです。

 

 

 

そんな雪遊びもとても楽しいのですが、今、お部屋ではけん玉も子ども達の中で流行っているのです。

 

誰よりも練習して上手くなろうと1人、部屋で黙々と練習するお友達の姿もありました。

応援してるよー!

 

 

事例に対する保育者の思い

今年はまだ雪が少ないのですが、雪山を作って頂いたことで、子ども達の遊びもダイナミックになってにました。

雪山でそりを滑る子、その周りでかまくらで遊ぶ子、色水を使って遊ぶ子、雪の中にひたすら飛び込んで遊んでいる子。雪の中で一人一人楽しむ姿が見られました。思い切り感触を楽しむと今度は友達を誘って協力したり、発見を共有したりして楽しんでいました。

雪って色々な反応があって面白いですよね。

雪遊びでしか経験できないことをこれからたくさんする中で、自然の不思議さや面白さを感じてもらえたらなぁ〜と思います。

しなのちょうりつかしわばらほいくえん 信濃町立柏原保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 柳澤 美香
運営法人 信濃町
運営法人代表者名 信濃町長
園の設立日 1963.7.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒389-1305 上水内郡信濃町柏原2571-1
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-255-3740 
FAX : 026-255-3740 
MAIL : kasiwa-h@town.shinano.lg.jp
ホームページ https://www.town.shinano.lg.jp/
定員数 未満児 : 30人 3歳児 : 25人 4歳児 : 25人 5歳児 : 25人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる