本園の特徴

・子ども一人ひとりを尊重し慈しみ、子どもの最善の利益を守り、保護者、地域とともに子育てができる保育園を目指す。
・豊かな自然の中で様々な体験を通して感性を高め、生き抜く力を育てる保育。
・命を大切に、相手の痛みに共感し、解決に向かうやさしい心を育てる保育。
・未就園児との交流(年9回)
・園庭開放(年14回)
・おらが庵のお年寄りとの交流
・ひだまりセンタ−の方との交流
・古間支館の文化展への出展
・いきいき年輪の集いに参加
・地域の方の協力による交通安全教室
・ブルーベリー摘み取り体験

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

植物・生物 空・天気 遠足へしゅっぱーつ!!

2019年5月17日

テーマ:
植物・生物/空・天気
年 齢:
3~5歳児
ねらい:
・春の自然を感じながら、友達と元気に歩く。
・戸外で、友達や保育士と体を動かして遊ぶ。

活動内容

進級・入園から1ヶ月が過ぎました。

長い連休も終わり、また保育園が始まっています。

 

あたたかな日には、園庭で砂遊びやブランコ、お友達とのかけっこなどを楽しんでいるお友達。

散歩に出かけることも多くなってきました。

 

5月10日(金)、春の遠足に出かけました。

 

いつもより重いリュックの中には、大好きなお家の方が作ってくれたお弁当!!

「重くない?」と心配していた保育士とは違い、

「重くないよ!!だって今日は遠足だから」「頑張って歩くもんね」とたくましい1言。

用意をしていると、お部屋の中から未満児さんが出てきてくれました。

「お兄ちゃんたち、いってらっしゃーい」

小さな応援団と元気に泳ぐ鯉のぼりに見送られて出発!!

 

 

 

 

ゆっくりと歩いていくと、

「見てみて!チューリップ咲いてるよ。黄色は咲いてなかったのに!!」

「このお花は、何だろう?」

「こっちにもあるよ!!」

 

お友達の発見をみんなで楽しんだり、みんなで考えたり。

 

子ども達の元気な声に誘われ、お家の中から手を振ってくださる地域の方々にも出会いました。

「今日、遠足でお弁当持ってるんだ」「行ってきまーす!!」

地域の方とのふれあいができるのも散歩の魅力ですね。

 

「あと少しで、地域交流センターだよ!!」

最後の力を振り絞り、坂道を登っていきます。

 

 

 

 

地域交流センターのグラウンドに到着!

 

みんな、自分の好きな遊びへ。

 

鉄棒でぶら下がったり、

穴の中に入る枝を見つけたり。

みんな、思い思いに遊びを楽しんでいました。

(他に、こおり鬼やかけっこをする姿も見られましたが、保育士も一緒に楽しんだため写真がありません。一緒に楽しむって、大事なことですよね)

 

 

外で遊んだ後は、まちにまったお弁当!!

保育園を出発してすぐに、「お弁当食べる?」「遊んだら食べるの?」と楽しみにしてました。

作っていただいたお家の方に「ありがとう」をしてから、

いっただっきまーす!!

 

嬉しそうにお弁当を食べる子ども達。

 

お弁当の中身を見せあったり、デザートが入ったふたをちらっと開けてみたり。

 

日差しが強く、地域交流センターの1室を貸していただきました。

地域の方のご厚意に感謝致します。本当にありがとうございました。

 

お弁当パワーで元気100倍!!いやいや、1000倍!?

帰り道はあっという間に歩いて、保育園へと戻りました。

子ども達のきづき

遠足で歩いている途中・・・・

 

「なんか音がするよ」

「ゴーォ、ゴーォって聞こえる」

「もしかして・・・・おばけとか・・・・」

不安気に歩き続けていくと・・・・・

 

川を発見!!

「なーんだ、川の音か」

「びっくりしたなぁ、もう」

 

なんとなく川に怒りながら歩いていましたよ。

事例に対する保育者の思い

今年度初めての遠足。カレンダーやお帳面を見ながら、「今日、遠足?」 「あと何回寝たら遠足?」と楽しみにしていました。普段から異年齢児との関わりが多い今年度。年上のお友達は、年下のお友達をリードしてあげたりお世話をしてあげたりするなかで年長児としての気持ちを育み、年下のお友達は年上のお友達の姿から真似して歩いたり憧れの気持ちを持ったりするなど子ども達同士の関わりのなかで ”優しさ” ”思いやり”の気持ちが育っていってほしいなと思います。散歩や戸外遊びを楽しむ機会がより一層多くなってきます。子ども達同士の関わりを大切にしながら、また発見や驚きに共感していき自然の中での遊びを楽しんでいきたいと思います。

 

しなのちょうりつふるまほいくえん 信濃町立古間保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 丸山 友紀
運営法人 信濃町
運営法人代表者名 信濃町長
園の設立日 1967.4.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒389-1312 上水内郡信濃町大字富濃2058
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-255-2201 
FAX : 026-255-2201 
MAIL : furuma-h@town.shinano.lg.jp
ホームページ https://www.town.shinano.lg.jp/
定員数 未満児 : 22人 3歳児 : 20人 4歳児 : 20人 5歳児 : 20人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる