本園の特徴

・子ども一人ひとりを尊重し慈しみ、子どもの最善の利益を守り、保護者、地域とともに子育てができる保育園を目指す。
・豊かな自然の中で様々な体験を通して感性を高め、生き抜く力を育てる保育。
・命を大切に、相手の痛みに共感し、解決に向かうやさしい心を育てる保育。
・未就園児との交流(年9回)
・園庭開放(年14回)
・おらが庵のお年寄りとの交流
・ひだまりセンタ−の方との交流
・古間支館の文化展への出展
・いきいき年輪の集いに参加
・地域の方の協力による交通安全教室
・ブルーベリー摘み取り体験

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

空・天気 人・地域 冬の遊びを楽しんでいます!

2019年2月22日

テーマ:
空・天気/人・地域
年 齢:
3~5歳児
ねらい:
・友達の良さに気がつき、一緒に活動する楽しさを味わう。
・友達と冬ならではの遊びを楽しむ。

活動内容

「今日、お外行ける?」 「雪遊びしたいな!!」と、毎日元気な子ども達の声で1日が始まります。

12月中旬頃から降り出した雪。

今回は冬の遊びを紹介していきたいと思います。

 

<ソリ滑り>

夏にウォータースライダーを楽しんだ斜面。冬になると、ちょうどいいソリ滑りのコースに変身するのです!!

お友達を誘いながら、どこまでいけるか競争したり、「ここはボコボココース」「あっちは難しいよ」とコース選びをしたりしながら楽しんでいます。

 

 

ソリ滑りでは、こんな遊びもしています。

お友達と協力しながらソリ滑りを楽しみたいなと思い、お客さんを乗せたソリでのお散歩♪

「曲がりますよ!!気をつけてくださーい」と先頭のお友達は運転手さん気分。運転手さんや後ろの車掌さんが困った時には、お客さん自ら運転することもあるんですよ。戻ってくると、何も言わずそっと立ち上がり紐をひっぱるお客さんのお友達。何度も場所をいれかえていました。

<雪像作り>

外に出ると、まずは雪の上を歩いたり丸めたりする子どもたち。よく固まる日には、雪像作りやバケツの型抜きケーキもしました。

この日はとてもよく固まり、少し転がすだけであっという間に大きな雪玉ができあがりました。

「これ、頭にしたいな!」

「じゃあ、ここまで転がしてきて合わせようか」

お友達と協力しながら

「いっくよー、せーの!!」

あちこちで掛け声が聞こえてきます。

出来た雪だるまに顔を作ったり、滑り台のようにして遊んだり。

5歳児さんは、大きな雪玉を使ったキャラクターも作っていました!!(保育士も、出来上がりに驚きすぎて写真を撮ることを忘れてしまいました)

<お尻滑り>

地域交流センターそばにある坂では、お尻で滑ります。

大人でも息が切れそうな坂をなんなく進む子ども達。よほど、魅力的なんでしょうね。

登りきったら、お尻滑りスタート!!

「いっくよー!!」

「○○くん、どいてー」

声をかけながら、思う存分楽しんでいます。

滑り方も楽しみ方もそれぞれ。滑っては登り、滑っては登り・・・全身を真っ白く染めるほどでした。

<雪玉転がしゲーム>

お尻滑りを楽しんだ斜面を使って、どこまで転がるのか競争です。

「準備できた?せーの!!」自分の転がした雪玉の行方を見守る子ども達。

「おむすびみたいだね」「ころころころ〜」「なんか、お腹空いてきちゃった」

<足跡発見>

自然豊かな信濃町。雪の上で動物達の足跡に出会うことがあります。

きつね?

たぬき?

とびきり大きな足跡を見つけ、「雪男だ!!」「雪男も、ここが好きなんだね」と思わぬ出会いもありました。

 

登ったり

滑ったり

色々な遊びを楽しんでいる子ども達。

明日は、何して遊ぼうかな?

 

子ども達のきづき

*ソリ滑り

なかなか遠くまで行かずに悩んでいたお友達。お友達の滑り方を見ていたら・・・

「足を上げると、遠くまで行くんだ!!」

*雪像作り

上手く雪玉が転がらず、上から押したり横から押したり試行錯誤していたお友達。

下から持ち上げると上手く転がり、「下から!!下からやるんだよ!!」発見に喜びながら、お友達に教えていました。

*お尻滑り

 

坂を登っていく、お友達。しかし、長靴が埋まってしまい思うように進めない・・・。

大丈夫かな?と見守っていましたが、お友達の歩いた後ろを歩き進んでいました。

 

事例に対する保育者の思い

毎日の雪遊びをとても楽しみにしている子ども達。

遊びの経験から、遊び方を工夫したり友達と協力しあいながら楽しんでいる姿が見られています。

友達と一緒に遊ぶ中で喜びや楽しさを感じ、関わりを深めてて欲しいなと思います。

しなのちょうりつふるまほいくえん 信濃町立古間保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 丸山 友紀
運営法人 信濃町
運営法人代表者名 信濃町長
園の設立日 1967.4.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒389-1312 上水内郡信濃町大字富濃2058
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-255-2201 
FAX : 026-255-2201 
MAIL : furuma-h@town.shinano.lg.jp
ホームページ https://www.town.shinano.lg.jp/
定員数 未満児 : 22人 3歳児 : 20人 4歳児 : 20人 5歳児 : 20人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる