本園の特徴

1、クラス前のミニ菜園、畑での野菜作りをしている。
2、地域への散歩に出かけている。
 (園の回りの田んぼ、畑、果樹園、小山、神社等地域資源が多い)
3、小動物の飼育をしている
 (あおむし、アゲハチョウの幼虫、カエル、あり、ダンゴ虫、クワガタ)
4、和太鼓演奏をしている。和太鼓による各イベントへの参加が多い。
 (育成会、鯉まつり、敬老会、町中音楽祭、音楽会、夏祭り、運動会)
5、地域との関わりが多い。
 (鯉祭り、放水まつり、桃狩り、りんご狩り、町中音楽祭、行事参加、交流会)

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

人・地域 食 十日夜のわらでっぽうづくりとしめ縄づくり

2017年1月9日

テーマ:
人・地域/食
年 齢:
0~5歳児
ねらい:
中佐都地区伝統行事の「十日夜のわらでっぽう」と年末の伝統行事「しめ縄づくり」に興味や関心を持つと共に自然の恵みに感謝する収穫祭を体験する。

活動内容

dscn4449img_3444dscn4443dscn4431

みんなで地域の方に「十日夜のわらでっぽう」の由来をお聞きしたり、「わらでっぽうづくり」や「しめ縄づくり」をするところを見せてもらいました。

 

dscf3391%e5%8d%81%e6%97%a5%e5%a4%9c%e3%81%b0%e3%82%89%e2%91%a1

そのあとは、各年齢ごと「とうかんや~♪とうかんや~♪とうかんやのわらでっぽう~ゆうめしくったらぶったたけ~♪」と歌ってわらでっぽうで地面をたたき、畑にわるい虫が来%e3%82%82%e3%82%82%e2%91%a0年も来ないようにしました。

年長児は、実際に藁に触れ地域の方とともにしめ縄づくりの体験も行いました。img_3439

また、3歳以上児は、会食会を行い異年齢や地域の方とふれあい今年の収穫を祝って食事をしました。

子ども達のきづき

 

 

dscn4445子「なんかにおいするね~」おじさん「そうか?わらのにおいだな」

子「じいちゃんくるくるじょうずだね」じいちゃん「そうか?おまえもやってみるか?」子「やだ。むずかしいもん」じいちゃん「そうだな」%e3%82%82%e3%82%82%e2%91%a4

事例に対する保育者の思い

中佐都地区伝統行事の「十日夜のわらでっぽう」。昔は、佐久地域で盛んに行われていたそうですが、今では行うところが少なくなっています。

地域の皆さんが頑張って守ってきた伝統文化に子ども達が触れ、生まれ育った地域を大事に大切に思ってくれたらと思います。

さくしりつなかさとほいくえん 佐久市立中佐都保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 野村 いづみ
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.6.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0025 佐久市塚原787-1
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-3419 
FAX : 0267-67-3149 
MAIL : jidou@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/nakasato.html
定員数 未満児 : 34人 3歳児 : 32人 4歳児 : 32人 5歳児 : 32人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる