本園の特徴

教育目標は、子どもたちのこころの教育を中心に、日々の幼児教育を行っております。こころの育ちには、こころを動かすうれしかった、楽しかった、驚いた、発見したというようなこころを動かす感動の経験が必要です。しかし、教室のような限られた空間の、限られた環境ではその経験が十分に与えられるのは困難です。そこで、私たち幼稚園では、積極的に園舎から外に出て行き、信州という自然に恵まれた環境で、その自然と積極的に日々の生活の中で関わり、こころを動かす経験をたくさんの子どもたちに提供することを目的に、自然保育を取り入れております。特徴としましては、園庭以外に園長の私庭を園児に開放し、自然の庭の中で花を見、葉っぱを拾い、草の上で転がって遊べる環境を日々子どもたちに提供しています。また、子どもたちが草木に触れる機会を更に増やし、身近に自然を感じられるよう、園庭にツリーハウスを設置し、木登りやぶら下がりといって木とのふれあいの経験の場を、日々の保育環境に用意しています。春と秋は、毎日のように園外保育として散歩に出かけます。目的地は地域の公園や里山です。自然が豊かな中野地域では、公園では、さまざまな木々が植えられており、遊具で遊ぶのではなく、葉っぱを拾い、ドングリなど木の実を拾って遊びながら、季節の変化に気がつき、自然の恵みを感じます。さらに春と秋には二度遠足を行いますが、当園の遠足は徒歩遠足です。園から出発し、地域を歩き、地域の畑や田んぼを見学し地域の特産物や作物を知り、小川や空き地で虫や魚を探し、地域の文化施設であるバラ公園で、地域の誇りになるバラを見出ながらお昼をいただく遠足です。又春秋二回行うことで、季節の変化や植物の成長を実感として経験していただく機会になればと思っております。園生活の自然体験を仕上げとして、年長組では、独立行政法人妙高自然の家さんにお願いし、自然体験として川上り体験、源流体験をお泊り保育の機会を使って行います。圧倒的な自然の量に驚きつつも、経験したことのない環境にはじめは尻込みしつつも、半日二時間以上の川上りを経験することによって、友達と助け合うことや、最後まで諦めないこと、こわさに打ち勝つ経験など、けっして幼稚園の園舎ではできない経験を、子どもたちに経験していただいてます。

News

ニュースはありません

もっと見る

なかのちゅうおうようちえん 中野中央幼稚園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 伊藤 勇
運営法人 学校法人 伊藤学園
運営法人代表者名 伊藤 勇
園の設立日 1967.12.27
認定日 2017.1.12
区分 幼稚園
住所 〒383-0022 中野市中央4丁目2-5
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 0269-22-3686 
FAX : 0269-23-1408 
MAIL : nakanocyuou-renkou@zpost.plala.or.jp
ホームページ
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 70人 4歳児 : 80人 5歳児 : 80人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月,火,水,木,金
基本開所時間 9時00分~15時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる