本園の特徴

・「言ってみよう!やってみよう!あきらめずにチャレンジしよう!」の園目標のもと、子どもが自分に自信を持って自分の気持ちを相手に伝えたり、「やってみようかな」といろいろなことに興味を持って体験し、失敗を恐れず挑戦することを大事にしています。
・「子どもは地域の宝」として地域全体で子どもたちを大事に見守っている土地柄です。地域の名産である綿内れんこんを10年ほど前から地域の方に協力してもらい、園庭で育てています。
・クラスに関係なく、15年ほど前から3年齢児いっしょの異年齢保育を行っています。その保育を納豆にたとえ、大豆一粒一粒の顔が見え、ねばねばと子どもや保護者、地域の方とつながっていけるように「なっとう保育」と名付け、毎日元気いっぱい、のびのびと遊んでいます。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

植物・生物 水 雨上がりって 楽しいね

2019年7月4日

テーマ:
植物・生物/水
年 齢:
3歳児
ねらい:
雨上がりに何が発見できるかな?

活動内容

雨上がりに、年少チームで保育園周辺の農道に散歩に出かけました。

なんだか、いつもと違う風景に子どもたちが気付いたようです。 あれ? いつも水が無い畦道にも水がたくさんある。 足で踏んで見ると「フワフワ」して気持ちいね。 子ども達は、次々にその感触を試していました。 横を向くと、そこには小さなバッタがいました。さすが、子どもたちの目の高さだからこそ見つけられるもの。

子ども達のきづき

田んぼの中をのぞくと、不思議な泡がブクブクと出ているのを見つけました。

なんだろう?

みんなで観察して見るけれど、泡が出てくるだけ。

棒で、突っついてみよう。中々正体がわからなかったのですが、なんとそれは

タニシでした。

田んぼの中をじっくり観察しなければ、気付かなかったこと。

子どもたちの発見には、驚かされることばかりです。

子どもたちは、自分が興味があり気になる方へ自ら選んで進んで行きます。

自分の意志で主体的に。

 

 

事例に対する保育者の思い

気持ちが前に出てしまい、田んぼに落ちそうになり手をついたら、泥だらけになってしまい困ってしまった子がいました。

どうしたら良いかな?

「手を洗おう!」

「どこで?」

どうしようか困っていると、友達がやって見せて教えてくれました。

「水路のお水で洗おう」

すると、困っていた子もそれを見て、

一緒に真似をして水路に入り手を洗いました。

やった!

困り顔が笑顔に変わった一瞬でした。

友達がいてくれると、困った時も一緒に考え助け合えて良いですね。

子どもたちの自然な繋がりが嬉しく感じた瞬間でした。

雨上がり散歩で、自然の不思議なものもたくさん見つけたけれど、子どもたちがお互いを思いやる優しい気持ちの発見が、一番の出来事でした。

 

 

ながのしわたうちほいくえん 長野市綿内保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 相原 真由美
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長 
園の設立日 昭和41年12月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒381-0101 長野市若穂綿内6734-3
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-282-2357 
FAX : 026-282-2357 
MAIL :
ホームページ
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 30人 4歳児 : 30人 5歳児 : 30人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 7:30~18:30
延長保育の有無
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる