本園の特徴

・天気の良い日はいつも朝園庭に出て、砂遊びや虫探し、泥だんごづくりなど、身近な自然物で遊んでいます。
・幼児組は天気のいい日はほぼ毎日、マラソンをします。
・園周辺は自然が豊かで神社や公園がたくさんあり、四季折々様々な遊びが楽しめます。また、車の行き来が少ない農道がたくさんあり、安心して散歩を楽しんでいます。
・毎年年長児が運動会で竹馬の成果の発表をしています。35年も続く伝統の遊びとなっています。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

人・地域 食 つくる まゆだま作り楽しかった

2019年1月4日

テーマ:
人・地域/食/つくる
年 齢:
3・4・5歳児
ねらい:
お年寄りとふれあい、地域の伝統行事を知る。

活動内容

はじめてのまゆだま作り。

こねてふかした米粉に色を付けて、おじいちゃんやおばあちゃんと好きな形に丸めました。

おじいちゃんが「繭って知ってるか?お蚕さんが糸を口から出して作るんだよ。」と言いながら説明してくれます。蚕そのものを知らない子どもたちですが優しく教えてくれるおじいちゃん。「昔は繭の形にして木の枝につけたんだよ。やってごらん」と話してくれました。みんなは自分の好みの形にしてまるで粘土遊びのよう。「これでいい?もっと違う形作りたい。」

ご近所のおかげで柳の枝が手に入りました。でも上手く枝につけられず苦心している子どもたちもいます。

子ども達のきづき

枝の先が細すぎて上手く付けられないと、お年寄りに「先っちょ切ってよ。」と親しげに頼みます。少し交流すると自分のおじいちゃんではなくても仲良くなります。「もっと太いところに付けるといいよ」と教えてもらい、華やかな飾り物ができました。少しすると「硬くなったみたい」「早く作ったほうがいいよ。変な形になっちゃう」という声が聞かれます。乾いてくると硬くなることがわかったようです。

出来上がると「きれいだねえ」とみんな満足気でした。

事例に対する保育者の思い

無事に出来上がったまゆだま飾り。1月10日には保育園のどんど焼きで焼く予定です。今ではほとんど家庭では行わなくなりましたが、交流を通して地域の伝統行事を知ってほしいと思います。

ながのしとよのひがしほいくえん 長野市豊野ひがし保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 渡辺 美穂子
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長
園の設立日 平成9年3月26日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒389-1102 長野市豊野町大倉2196
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-257-2484 
FAX : 026-257-2484 
MAIL :
ホームページ
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 22人 4歳児 : 23人 5歳児 : 45人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 7:30~19:00
延長保育の有無
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる