本園の特徴

・戸外保育を多く取り入れ、学年を超えて園全体で遊ぶ。
・園周辺の公園に出かける機会を持ち、「あるく」という経験を多くさせることにより、体験を鍛える。
・「食」への関心を園児にも保護者にも持ってもらうため、「マイクッキングセット」を導入する。
・「なかよし3人組」をつくることにより、異年齢の関わりを持ち、思いやりの気持ちを育てる。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

水 空・天気 凍った池であそんでみよう!

2019年4月1日

テーマ:
水/空・天気
年 齢:
5歳児
ねらい:
自然事象に興味を持ち、試したり、発見したりする
発見したことを、友達と共有して、楽しみ

活動内容

冬の寒い日に公園に散歩に行き、凍った池の様子を知る

凍った池で、様々なことを試してあそんでみる

子ども達のきづき

 

・凍った池の色が白い所と透明な所があることに気づく

・白い部分は氷が厚くなっていることを知ると、のってみたり、歩いてみたりして、ツルツルとすべって遊びだす

→転んで尻もちをつく、スケートのようにすべってあそび、怖くて友達につかまる姿がある

・透明な部分(池のふち)は氷がうすく、足や棒で氷が割れることに気づく

→かかとで一度氷を割ると、くもの巣状にひびが入ることを発見し、「スパイダーマンみたい。」と言っていた

・氷を木でひっかくと、文字や絵が描けることを発見する

。割れた氷の形で見たて遊びをして楽しむ

→ピザ、車、おうちなど

事例に対する保育者の思い

冬の寒い日だからこそできる貴重な経験を通して、様々な発見ができたのではないか。

薄い氷と厚い氷ではできるあそびが違うことに気づき、子どもが考え工夫してあそび、主体的なあそびができたように思う。

知識を人からもらうのではなく、試してみて、発見したことを、友達や保育士に共感してもらえることが、子どもにとってはうれしいことを実感した。

危険な面もあるが、大人が口うるさく言わないことで、5歳児にとっては子ども自身が危険か安全かを自分で考え、判断してあそぶことができた。

こまがねしりつあかほほいくえん 駒ヶ根市立赤穂保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 伊藤 俊子
運営法人 駒ヶ根市
運営法人代表者名 駒ヶ根市長
園の設立日 1957.4.1
認定日 2016.10.12
区分 保育所
住所 〒399-4115 駒ヶ根市上穂栄町16-12
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-83-3042 
FAX : 0265-83-3042 
MAIL : aka-ho@city.komagane.nagano.jp
ホームページ http://www.city.komagane.nagano.jp/
定員数 未満児 : 20人 3歳児 : 30人 4歳児 : 30人 5歳児 : 30人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金
基本開所時間 8時~16時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 募集中

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる