本園の特徴

・南アルプスの麓、四季折々の自然の中でのびのびと遊び、活動する子ども達です。園庭が広く、散歩に出かけなくても木々や草花、小動物、鳥など毎日自然と触れ合いながら保育をしています。園者のすぐ隣には高低差50m程の土手があり、年齢を問わず土手のぼりを楽しんでいます。春にはキジや鶯がきれいな声を聞かせています。少人数の保育園なので、未満児は0.1.2歳が1クラス。幼児は年少1クラス、年中・年長の合同で1クラスです。(7月以降は年少・年中の合同で1クラス、年長1クラスになる予定です。)
クラス保育も行いますが、自由あそびは幼児も未満児も一緒に「大きな一つの家族」のように過ごしています。そのような中で自然と異年齢のふれあい、いたわりの気持ちが育っています。
・園舎は平成10年に開所し、愛称「そらとぶくじら 長谷保育園」となっています。木材をふんだんに使い、園者全体がくじらの形をしています。「そらとぶくじらのほいくえん」という園歌があり子供たちの大好きな歌です。
・園庭内に畑があり、じゃがいも、大根などを育て、カレーパーティーやおでんなどのクッキング保育を行っています。また、園の近くの空き地を地域の方が保育園にと様々な野菜や実のなる木を育て、園児が収穫し、給食の材料として使われています。
・長谷全体が一つのコミュニティー、大きな家族のような風土で、地域全体で子供たちの育ちを見守っているという地域です。そのような中で各地区の高齢者クラブとの交流が盛んでお年寄りも保育園に来るのを楽しみにしています。交流はほかにも小学校、中学校、老人施設などともおこなっています。また、毎年近くのお寺、隣の高遠町のお寺から「お花祭り」に招待され、年長児が参加しています。
・伊那市全体で「生きる力のある子ども」を目指し、園の特徴を生かしながら保育を行っています。

News

ニュースはありません

もっと見る

いなしりつはせほいくえん 伊那市立長谷保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 原春美
運営法人 伊那市
運営法人代表者名 伊那市長
園の設立日 1957.4.1
認定日 2018.10.31
区分 保育所
住所 〒396‐0402 伊那市長谷溝口1317
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265‐98‐2291 
FAX : 0265‐98‐2291 
MAIL : h30@inacity.jp
ホームページ
定員数 未満児 : 13人 3歳児 : 15人 4歳児 : 15人 5歳児 : 17人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金
基本開所時間 8時~16時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる