本園の特徴

【園目標】
「自分でできる力をつける」「ともに感じ、考え行動する力をつける」
「実体験を豊かにし、体験を通して本物の力にしていく」
「健康な心と体つくり」

1 座光寺の自然の中で遊びながら、いろいろな実体験を楽しみ五感を育みます。
2 散歩、運動、遊びを通して体つくりをします。
  近くにある遊びの森は自然の中でのいろいろな実体験ができ、のびのび遊び、発見や感動の声が飛び交います。
3 地域の方々に教えていただき、楽しく交流します。
  ・老人クラブ    親子陶芸教室
  ・農家での体験   梅とり、桃狩り、りんご狩り、干し柿
  ・座光寺ビオトープ さといも掘り、虫取り、草花摘み
  ・職員の地域行事参加
   地域の夏祭り、人形劇、運動会、文化祭、水辺の広場、子どもを語る会などに積極的に参加し、地域の方々とのつながりを深めながら、子どもたちとの橋渡しをしています。
  ・小学校交流
   隣に学校があり、頻繁に行き来しています。学校行事に呼んでいただいたり、夏休みの間は学校プールを毎日利用させていただいています。
   

News

ニュースはありません

もっと見る

植物・生物 人・地域 🍑しもむらさんの桃畑2🍑 【飯田市座光寺保育園】

2018年10月4日

テーマ:
植物・生物/人・地域
年 齢:
以上児 (桃大好き)
ねらい:
しもむらさんに感謝して桃を狩る

以前の桃との違いを見つける

活動内容

頃、年長さんを桃畑に呼んで頂いたしもむらさんが「桃がいい具合だけど、採りにくるかな?」と声をかけていただけたので遠慮気味に以上児全員80名でニコニコ向かいました。まず、しもむらさんから桃狩りの約束をききました。

桃を袋から出すときは、、、そぉっとそぉっと・・・・

ここを掴むと採り易いよ

 

 

子どもの目線から見る桃畑はこんな見方なのか…

 

自分で採った桃をいただきます!!

うひゃわぁぁ!!!   あんまぁい!!(喜び)

まるごと一個の桃を採らせていただいた上にその場で食べる体験をした子ども達。

帰り道、桃美味しかったな…の一言にの体験が子どもたちの心に残ったことを感じました。

子ども達のきづき

子・しもむらさん、これ落ちてたけど何ですか??

し・これは桃の子ども、赤ちゃんだなぁ。小さいのによく見つけた

な。この桃も、木についたままだと大きい桃になったんだけど

な。

子・つく方法はないの?

し・そうだなぁ。もう木にはつかんなぁ。

子・じゃあ、お母さんの木のそばにおいてあげよう

大きい桃だけではなく、小さな桃にも気持ちを向けられるきっかけとなったのではないでしょうか

事例に対する保育者の思い

月の体験に引き続いての体験となりましたが、5月を体験している年長児が、今回の年中、年少にも教える姿や手を添えて採る姿がありました。

桃狩り、梅狩りと地域の特産物に触れられる機会があることで地域、園周辺の環境に親しみを持て秋の散歩なども子どもたちと楽しみたいです。

いいだしざこうじほいくえん 飯田市座光寺保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 野神 美穂
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 平成17年6月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒395-0001 飯田市座光寺1716
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-22-1147 
FAX : 0265-22-1147 
MAIL : ns-zakouji@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 42人 3歳児 : 28人 4歳児 : 40人 5歳児 : 40人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~18:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる