本園の特徴

<保育目標>
 健康でたくましい子ども 明るく挨拶のできる子ども
 話をよく聞く子ども
<給食目標>
 みんなで楽しく食事をしよう 正しい食事のマナーを身につけよう

1 基本的な生活習慣を身につけ、心地よい生活を送る。
 (着脱、排泄、睡眠の自立)
2 豊かな人間性と健やかな心身を育む。
 (豊かな自然を取り入れた保育・食育への積極的な取り組み、地域の方と親子米作り体験、野菜作り、楽しい食事、感謝の心、地元食材の取入れ)
3 地域との交流
 (未就園児交流、地域老人自由学校の方との交流、中高ボランティアの受け入れ、米作り指導あぐりの方との交流、田んぼ周辺の虫講座の先生)
4 田んぼ活動を通じて、地域の方や保護者とともに食農体験をし、”食”への関心を高める。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

土 植物・生物 水 空・天気 人・地域 食 つくる 籾まきをしました。

2019年5月21日

テーマ:
土/植物・生物/水/空・天気/人・地域/食/つくる
年 齢:
年長児親子
ねらい:
・親子で米作りをする中で、米ができるまでを共に体験し、食べることへの関心を持てることを大事にしたい。
・親子で体験することで、親子で共感を喜びあってほしい。
・地域の方、地域への親しみを持ってほしい。

活動内容

4月28日(日)

天気良く、8:30より年長児親子で

いよいよ今年の田んぼ活動が始まりました。

第1回目は「籾まき」です。

籾を親子で140g計ってまきます。

その上に土をかぶせます。そしたら水をかけます。

今年の分の籾まきが終わったら、田んぼに行って籾のハウスをお父さんたちが作ってくれたので、そこに入れました。

5月10日(金)まいた籾は、どうなったのだろうか?気になったので、子どもたちは見に出かけました。

「わぁーくさみたいになってるね」「もう大きくなってる」「稲になるんだよね」驚いた子供たちでした。

次の「田植え」が楽しみのようでしたよ。

 

子ども達のきづき

①「140gって何?」「計るってどうするの?」

子どもたちが話していると、お母さんたちが、

「ここにトレイを乗せて、籾を乗せてね」

「この針がここに来ると140gだよ」と、丁寧に

教えてくれたので、何度もやるうちに子供だけで

計れるようになりました。

②大きなジョウロに水をたくさん入れると、重たいね。

一緒に水やりしよう。重さや、使い方を子供たちで考えてやっていました。

 

事例に対する保育者の思い

今年も米づくり活動が始まりました。

親子で体験しながら、米はどう作られるのか親子で学び、

また、食べることへの関心を持てるようになってほしいです。

親子での体験を大事にとらえて、親子で共感しあう喜びも

たくさんしていきたいです。、

いいだしたつおかほいくえん 飯田市竜丘保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 後藤敦古
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和39年10月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒395-0004 飯田市桐林378
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-26-8417 
FAX : 0265-26-8417 
MAIL : ns-tatuoka@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 25人 4歳児 : 25人 5歳児 : 25人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~16:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる