本園の特徴

【園目標】
「健康でたくましい子ども」「自分からすすんでやる子ども」
「友だちとなかよく遊ぶ子ども」「よく考える子ども」「心豊かな子ども」

1 小規模園の特徴を活かして、3学年一緒の異年齢保育を行っています。その中で、年上の子は小さい子へのいたわりや思いやりの心が育ち、年下の子は年上の子の生活の仕方を見て覚えたり、目標やあこがれにしたりといった気持ちが育っています。
2 身近にある里山、川での遊びや地域を知る散歩等を通して、自分たちが暮らしている地域の自然環境の良さを感じ、その中で遊び、豊かで丈夫な心と体作りをしています。
3 地域の方々との触れ合いを通して様々な体験をさせていただいています。
  高齢者の方との交流会、農業振興会の方とさつまいも作り、お米つくり、レタス、大根、きゅうり、梨、パプリカ、栗の収穫体験、おやす作りなど。交流の中で、知恵や知識を教えていただいています。
4 自分たちで苗を植え、育てて、収穫をして、食するまでの活動の中で、食べ物に対する興味や生長に関心が持てるようにしています。
5 リサイクル活動(ペットボトルキャップ、アルミ缶の回収や廃材の保育利用、ごみ分別、野菜くずのたい肥作りなど)を通じて、資源を大切にする環境教育を行っています。 

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

土 植物・生物 水 空・天気 人・地域 田んぼに遊びにおいなんよ。

2019年6月29日

テーマ:
土/植物・生物/水/空・天気/人・地域
年 齢:
3・4・5歳児
ねらい:
*田んぼの泥の感触を全身で感じる。
*田んぼの中の生き物に関心を持つ。
*お田植のやり方を知り、お米の収穫を楽しみにしながら自分たちでも体験してみる。

活動内容

保護者の方から「お田植前に田んぼに遊びにおいなんよ~」と誘っていただいたので、泥んこパンツと服に着替えてみんなで遊びにいきました。はじめは、田んぼのふちに足を入れて「ヌルヌルするな~」「深いかな~」と慎重な子どもたちでした。

 

子ども達のきづき

「よ~し!私から行ってみるよ!」年少さんです。

「楽しそうだな・・。」初めに入ったお友達を見て、他のお友達もどんどん入ってきました。

「ヌルヌルするけど気持ちいいよ~」「そんなに冷たくないよ。温かい」

「お腹をつけちゃえ!ほんと!気持ちいい!」

「カエル捕まえた!」「あっちにもいるよ」

だんだんと遊びも大胆になってきました・・。「おへその所まで入っても大丈夫」「ヌルヌル、ぺたぺたおもしろいな~」年長さん、年中さんの様子を見ていた年少さんも「私もやってみる!」「キャーヌルヌルだ~!」遊びだしました。

だんだんみんな集まってきました。「温かいね~。」「温泉みたい」「昨日、温泉行ったよう」「砂場の泥んこと違うね」「砂場の泥はザラザラしてるけど、田んぼの泥はヌルヌルしてる」

どんどん集まってきました。「みんなで温泉!気持ちいいよ~」

遊んだ後は田んぼの用水路で泥を落とします。「つめた~い!」「どんどんきれいになってく!」

「あ~おもしろかった!」田んぼを貸してくれた保護者のお父さん、お母さんと一緒にハイ!ポーズ!「また遊びたーい」「来年もよろしくおねがいします」さあ。保育園に帰ってお湯シャワーしよう!

* 数日後・・。隣の田んぼの清水さんからお田植のお誘いがありました *

年長さんがお田植に挑戦です。

「苗を3本持って泥の中に立つように植えるんだよ」と教えていただきました。

なかなか良い腰つきです。「難しいな~。泥の中に上手に立たないよ」「あ~腰が痛い。お米作りって大変なんだね」

子ども達が植えた苗です。「なんだか曲がっちゃった」「苗が浮いてる?大丈夫かな~」清水さんが見に来てくれました。「ちゃんと植えれとるぞ。いいぞいいぞ。」「上手でなくてもいいんだ。体験してみる事が大事なんだよ」「お米ができたら稲刈りもたのむぞ」お田植が始まる前の田んぼでいろいろな事を体験させていただいる子どもたちです。

事例に対する保育者の思い

*お田植前の田んぼで遊ぶ経験も今では少なくなりました。大切な田んぼを子どもたちのために使わせてくださった保護者の方に感謝の気持ちでいっぱいです。砂場の泥と田んぼの泥の違いを感じたり、全身で泥の感触を感じることができました。

*保育園のお隣の清水さんからも貴重な稲の苗を分けていただいたり、田んぼも貸していただきました。「上手に植えられなくてもいいんな。体験することが大事なんだぞ」という温かい気持ちに感動しました。実際の体験を通して、お米つくりの大変さや、お米を大切にしようとする気持ちが育つと思います。秋の収穫が楽しみです。

いいだしかみひさかたほいくえん 飯田市上久堅保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 上沼 佳子
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和39年1月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒399-2611 飯田市上久堅7606
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-29-7053 
FAX : 0265-29-7053 
MAIL : ns-kamihisakata@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 6人 4歳児 : 7人 5歳児 : 7人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~16:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる