本園の特徴

北アルプスが間近に見え、田畑に囲まれた自然豊かな認定こども園です。散歩や遠足に出かけ色々な地域の自然(田畑での遊び、どんぐり等木の実ひろい、林の中でのかくれんぼ、追いかけっこ)に触れることができます。
園内にある木(桑、桜、すぐり等)のまわり、小高い場所にある土手で、自然に触れた遊び(草花摘み、虫取り)などの遊びも日常的に行うことができます。
自然を感じながら五感を育て意欲的に遊び、友だちの大切さ、命の大切さに気付いてほしいと願い活動しています。地域の方の協力を得、畑活動、お茶会、お話会の活動も行っています。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

空・天気 はじめての雪あそび

2019年1月23日

テーマ:
空・天気
年 齢:
全園児
ねらい:
今年初めての雪にふれ、雪遊びを楽しむ

活動内容

待ちに待った雪だぁー

わーい 雪のすべりだいだぁ

広い土手はどこでもすべりたいほうだい

キャー たのしいー

おともだちと一緒にさかみちビューン!

だれのあしあと?

ブーツの底かな?

足あとおいてったのだぁれ?

まだあそびたいよー

のぼってる?すべってる?

 

 

子ども達のきづき

「ゆきだるまつくろう!!」と、友達を誘い両手いっぱいに雪を集めて「こうやって丸めてころがすといいんだよ」と話しながら作り始めました。「まるにならない」と転がし方を変えてみたり手でおさえて直してみたりしながら、小さいけれどまるい形になることを気づき作る姿がみられました。

みんなで遊ぶと雪はあっという間に消えてなくなってしまいましたが、「早くいかなくっちゃ」「なくなっちゃう」と外へ飛び出していく子どもたちから、雪遊びへの期待を感じました。

 

 

 

事例に対する保育者の思い

待ちに待った雪が降り、今年初の雪あそびを楽しむことができました。

雪かきをしてしまうと子どもの楽しみが減ってしまうと思い、あえて雪かきはせずに残しておきました。

子どもたちは白い雪の上に自分の足跡が残る様子を楽しみ、いろいろな所を歩きながらクラスへ登園して行く姿が見られました。

 

いったん外へ出ると、目の前の広い土手の好きな場所で、小さいぐみさんは自分で上りやすい場所を、大きいぐみさんは挑戦するかのように駆け上がる様子もみられました。

今回の雪はほんの少しですぐにとけてしまい、もっと降ってほしいと思いつつも、こればかりはおてんとう様が決めること。

防寒着を準備して次の雪を待ちたいと思います。

あずみのしりつありあけあおぞあらにんていこどもえん 安曇野市立有明あおぞら認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 町田 和
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 2009.4.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8301 安曇野市穂高有明9511
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-84-5020 
FAX : 0263-83-8767 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 21人 3歳児 : 40人 4歳児 : 40人 5歳児 : 40人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる