土 植物・生物 空・天気 🌼セミ

2019年8月23日

テーマ:
土/植物・生物/空・天気
年 齢:
5歳児
ねらい:
・セミの穴や、抜け殻、木にいるセミ、といろいろな状態のセミを見つける中で、セミへの興味関心を広げる。

活動内容

8月22日

高瀬保育園の北側の土手下には湯川という川が流れています。湯川から保育園までの土手にはたくさんの大木が空まで伸びています。そこは今セミの楽園。このところの不安定なお天気の中、雨が強くなるとセミの声は聞こえなくなり、雨が弱まるにつれだんだんと声が重なりあってボリュームアップ。セミの声で降水量がわかるほどです。

今日は年長さんが、保育園の裏庭でセミ探検をしました。

裏庭のいたるところに直径1.5cmほどの穴があります。『セミが出た穴だよ』という子がいます。

セミの抜け殻は、木の幹に、ゆらゆら揺れるモミジの葉っぱに、コンクリートの壁に、

こんな低いところにも・・・いろいろな場所に数え切れないほどありました。

『この足が動いたの?』と抜け殻の足を不思議そうに見つめる女の子もいました。『穴から出てくるとき動かすから動くはず』『穴から出て高いところまで登るんだから動くに決まっている』などの声が男の子たちから。『この殻を着て動いている時を見たいな』の声。

いろいろよく知っているこの子たちの中に、セミの羽化を見たことがある子はいるのでしょうか?

殻をたくさん見つけたら、お洋服に飾った子もいました。

『おばあちゃんがこうやるやり方を教えてくれたの』と。

子ども達のきづき

・穴の中からどうやって出てくるのかな、見てみたいな

・アブラゼミは木と同じ色をしているから見つけにくいね

・セミは「ミーンミーン」だけじゃなくて、違う鳴き方の声も聞こえるね

事例に対する保育者の思い

ミンミンゼミやアブラゼミというセミの種類や、セミは夜、土の中から出て羽化するということを子ども達は知っていました。でもそれは、図鑑や科学絵本やお父さんお母さんから得た知識で、実際に羽化するところを見た子はいませんでした。

もう少し大きくなったら・・・懐中電灯を持って、セミの羽化を見ようと試みる子がこの中から出てくるといいなと思います。今日がその第一歩かも知れません。

夜の静寂の中、羽化したセミの羽は白く透き通り、幻想的な光景が見られます。来年の夏はぜひ!

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつたかせほいくえん 佐久市立高瀬保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 青木 杉子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1962.10.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0016 佐久市鳴瀬1371
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2155 
FAX : 0267-67-2155 
MAIL : jidou@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/takase.html
定員数 未満児 : 35人 3歳児 : 18人 4歳児 : 18人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ