植物・生物 ”カラスノエンドウ”ってどの花かな?みつけてよーく見てみよう

2019年6月17日

テーマ:
植物・生物
年 齢:
5歳児 きりんぐみ
ねらい:
身近な草・花を探し、観察する中で色々な発見を楽しむ

活動内容

<カラスノエンドウをみつけてみよう>

”ミッション”・・・・子どもたちにお題の草・花のヒントを与え、見つける。

ヒント①えんどうまめがついてるよ!

ヒント②紫色のおはなだよ!

ヒント③葉っぱは丸くて並んでいるよ!

見つけてきた草・花は観察し、気付いたことを出し合う。

 

 

子ども達のきづき

”ミッション”と言う言葉に目をキラキラさせてヒントに耳を傾けていた子どもたち。

一目散に園庭に走っていき、沢山ある草花の中からヒントを頼りに見つけています。

「これはエンドウマメじゃないし・・・」

「これは葉っぱがとんがってる!」

「むらさきの花・・・」「これはちがうねぇ。」

「みつけた!!」

と一人が言うと、

「どこにあったの???」と同じ場所を見たり、

見つけた子が「これだよ!!」と一緒に探してくれたり、自分で見つけたい気持ちで更に張り切る姿も。

その後クラスに戻り、みんなで見つけたカラスノエンドウをみんなで観察しました。

「カラスノエンドウってこんなお花だよ!っていう特徴を見つけたお友だちはいるかな?」と投げかけると、目を凝らして観察し、沢山の発見や発言がかえってきました。

「カラスノエンドウって葉っぱがハートだよ」

「ほんとだ、かわいいね」

「ちくちく葉っぱからえんどうまめがはえているよ」

「すごい!よく見えたね」

「このえんどうまめは食べられるのかな」

「う~ん、からすが食べるんじゃない?」

友だちの気付きから自分の採ってきたものを見返す姿もあります。

 

最後に「このカラスノエンドウはどうする?」と聞くと、

「このままにしておくのはかわいそう」

「押し花にするのは?」

「いいね!」

ということで、みんなで押し花にすることにしました。

子どもたちが草花に対して愛着を持ち、最後まで大切にしようと言う気持ちが見られました。

事例に対する保育者の思い

園庭にあるたくさんの花や草。

子どもたちは何気なくあそびに使ってはいるけれど、その植物の名前やそれぞれの特徴を知ることで、もっと身近に感じるのではないか?と考えました。

活動では、保育者の出したヒントを頼りに見つけていくことが楽しい様子でした。普段遊んでいた園庭にある草花を夢中で探すことや部屋に帰ってきてその特徴を次々に発見したり、友だちの気づいたことを、自分の採ってきたもので見返すことで、さらに興味を持ち目を凝らして観察する姿もありました。

花や草の特徴から面白さを感じたり、それを使って押し花を作ったりと楽しい経験になりました。

 

あずみのしりつあるぷすにんていこどもえん 安曇野市立アルプス認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 田中 智子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1975.4.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8204 安曇野市豊科高家3259
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-1432 
FAX : 0263-72-1432 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 21人 3歳児 : 30人 4歳児 : 30人 5歳児 : 26人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ