植物・生物 人・地域 食 摘みたてのお茶はおいしいね♪

2019年6月2日

テーマ:
植物・生物/人・地域/食
年 齢:
3歳~5歳
ねらい:
・身近にあるお茶畑を知り、お茶の葉摘みを楽しむ。
・お茶の葉を炒ったりもんだりして葉の変化に気づく。
・匂いや色の変化を見ながら味わってみる。

活動内容

「お茶の葉を摘みに来ませんか?」と近所に住む和田保育園の先生から声をかけていただき、近くにあるお茶畑へお茶の葉を摘みにでかけました。上村は飯田市の中でもお茶を栽培している地区の一つです。自分たちの住んでいる地域で、毎日飲んでいるお茶を作っていることを知ってもらういい機会です。さっそく出かけました。
まずはじめに摘み方を教えていただきました。
「お茶の葉は新芽の先から三枚くらいを摘むんだよ。」

先っぽの芯と三枚の葉っぱで
「一芯三葉(いっしんさんよう)」と言います。
わかりやすく、図に書いてくれました。

さあ、みんなで摘んでみよう!
柔らかい葉っぱをさがしてね。

「これはどうかな?」
「いいねえ」

「いっしんさんよう~♪」「いっしんさんよう~♪」
呪文のように唱えながら摘みます。

「柔らかそう」

いつのまにか夢中。なんか楽しいね。

すっかり慣れてきて、新芽もわかるようになりました。
よっ!お茶摘み名人!!

びくにたくさんとれました。
「匂う?」 「わからんなあ」

 

保育園に戻り、ごみをきれいにとったあと、ホットプレートで炒ります。

炒ったら両手でもみます。ただし、一方向に!
コマを回すようにくるっと。
もんでいるうちに、両手がしっとり湿ってきました。お茶の香りもしてきます。
難しいけど頑張って!

炒る、もむ、を何度も繰り返すうちに、お茶の葉の色が変わってきました。

一時間以上すると、あらあらお店のお茶と同じ色に。

おやつの時に飲むことにしました。楽しみです。

 

子ども達のきづき

どんな味がするかなあ?
透明なポットを用意してお茶の葉の変化を見ます。
お湯の温度は60℃。いい香りが味わえます。

「だんだん、葉っぱが開いてきた」
「色もついてきた!」
よーく見て観察しています。

 

「いつものお茶と同じだ。」

「いい香りがするよ」

「おいし~い!」
大成功です。

事例に対する保育者の思い

いつも通る道からお茶畑が見えます。丸くきれいに揃えられたお茶の木。もこもこしてなんだか可愛く親しみのある風景です。あんなところにもお茶の木があるよ、と、気づいてくれるといいな、と思います。
子ども達は思った以上にお茶摘みに夢中になりました。今回の一連の作業では、しっかり五感を働かすことができました。葉っぱの変化を見る、手で葉を摘む、もむ、匂いを嗅ぐ、味わう。これをきっかけにお茶に興味や親しみを持ってもらえたら嬉しいです。

いいだしかみむらほいくえん 飯田市上村保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 熊谷 敦子
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和53年3月15日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒399-1403 飯田市上村856-18
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0260-36-2143 
FAX : 0260-36-2143 
MAIL : ns-kamimura@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 8人 3歳児 : 4人 4歳児 : 4人 5歳児 : 4人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 7:30~18:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ