土 人・地域 みんなでお散歩!

2018年12月7日

テーマ:
土/人・地域
年 齢:
1〜2歳児
ねらい:
・お友だちへの興味や関心が高まり、関わりを楽しむ。
・秋の自然の中で発見を楽しんだり、考えたりしようとする。

活動内容

11月、お天気のよい日には、1〜5歳児全員でたくさんお散歩へ行ってきました。

1、2歳さんは、年長さんに手を繋いでもらい、坂道・下り道、細道も頑張って歩いています。回数を重ねたり、距離が伸びていくにつれ、歩くのも上手になってきました!

保育園の近くには、いろいろなところにナウマンゾウが隠れています。

看板、

マンホールにもいます!

子どもたちは何頭ナウマンゾウがいるかを数えながら散歩します。

1、2歳のお友だちもそんなお兄さんたちの姿を見て、一緒にナウマンゾウを見つけては

「パオーン、いた!」と教えてくれました。それからは、お散歩に行く度、お兄さんたちに負けじとナウマンゾウを探す1、2歳のお友だちです。

1、2歳のお友だちが大好きなお散歩スポットに、野尻湖畔の水戸口公園があります。

11月になっても、公園には綺麗な落ち葉がたくさん落ちていて、落ち葉が落ちている溝の道の上を歩いて

カサカサ音を立てるのを楽しむ子どもたち。

もっとたくさん落ちているところがあるよ!とお兄さんたちに教えてもらい、落ち葉を手にいっぱい持って、

えい!

落ち葉のシャワーです。

ベンチに座って、バスごっこ。お友だちが乗っているところを見て、私も、と乗車してきました。

さらに、他のお友だちも乗ってほしい!とお友だちに身振り手振りで電車ごっこに誘い、また一人と乗車するお友だちが増えました。

 

しっかり手でハンドルを握るようにして「ブーン」と運転していました。

 

また別の日には、少し距離を伸ばし、真光寺さんに行って遊ばせていただきました!

落ちている枝をホウキに見立て、「よいしょ」とお掃除。

落ち葉を端っこに集めようと一生懸命掃く姿が見られました。

 

 

 

 

子ども達のきづき

水戸口公園にいたナウマンゾウの置き物が11月の下旬に撤去され、公園も冬に備え始めていました。

いつも見ていて、かくれんぼの隠れ場でもあったゾウがいなくなっているのにすぐ気づき、少し寂しそうにする子や

「どこにいったの?」とあった場所を調べる子がいました。

年長さんが「ゾウも雪が降る前にお家に帰ったんだね」というと、

山の方に向かって「バイバイ」と手を降ったり、外にいた動物や虫が

冬に備えてお家で寝てるという話をしていたからか、「ねんねしにいったの?」と考える子もいました。

事例に対する保育者の思い

これから冬になり、暖かい中でのお散歩は難しくなってきます。その前に、たくさん散歩に出かけて、体力をつけたり、保育園の周りにある素敵なものたちで遊ぶ経験をしてほしいと思い、晴れた日には、幼児さんたちと一緒にお散歩に行きました。最近は、周りのお友だちをとても意識して、関わりを深める1、2歳児のこどもたちです。幼児さんと一緒にお散歩に行くことで、発見を増やし、一緒にやってみて楽しむ姿がたくさん見られました。

子どもたちで気づき、考え、発見をどんどん共有していく姿に驚きの日々です。そんな姿や友だちと遊ぶ姿を受け止めたり、保育者も視野を広げ、子どもたちがさらに自然の中で様々な気づき・遊びが出来るよう活動を深めていきたいです。

 

しなのちょうりつのじりほいくえん 信濃町立野尻保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 丸山 友紀
運営法人 信濃町
運営法人代表者名 信濃町長
園の設立日 1963.7.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒389-1303 上水内郡信濃町野尻275
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-258-2345 
FAX : 026-258-2345 
MAIL : nojiri-h@town.shinano.lg.jp
ホームページ https://www.town.shinano.lg.jp/
定員数 未満児 : 6人 3歳児 : 10人 4歳児 : 10人 5歳児 : 10人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ