人・地域 保育園にお獅子が来たよ!

2018年8月27日

テーマ:
人・地域
年 齢:
1〜5歳
ねらい:
・地域の夏の行事に興味や関心を持つ。
・地域の方との交流を通して自分たちの住む地域に親しみを持つ。

活動内容

今日は、保育園に野尻湖神楽保存会の方が来て、獅子舞をしてもらいました。

子どもたちもリズム室に集まり、ドキドキしながら保育園にやってきたお獅子を見つめます。

みんなで「お願いします!」とあいさつして、獅子舞が始まりました。

始まると、リズム室中に笛や太鼓、獅子舞の歌が響き渡ります。

釘付けになって獅子舞いを見る子どもたちです。

その時、バッと獅子が大きくなり、少しびっくりしましたが、、、

さらに、獅子が近づいてきて、、、

子どもたちの目の前まで獅子が来ました。

前に座っていた子どもたちは、その迫力に後ずさりです!

後ろで見ていた小さいお友だちのところにもやってきて、あまりにビックリしてこの表情。

でも泣いたりせず、「なに!?」とじっと見つめたり、保育者をぎゅっと掴む小さいお友だちでした。

そして、保育園の悪いものをお祓いする獅子舞の唄を唄ってもらい、獅子舞は終わりました。

最後にクラスごと獅子や神楽、そして、獅子舞をしてくれた会の方と一緒に写真を撮っていただきました。

子ども達のきづき

地域の行事で、何日か前にも獅子舞を見た子どもがいて、獅子がバッと開いて舞っているところを見ながら、「この後、怖いのあるんだよ!」と話していました。

本当に獅子が子どもたちの前まで近づいてくると、わかっていても、やっぱりびっくりしてしまいます。

また、間近で獅子を見て、「口が開いてるね!」と発見する子どももいました。

事例に対する保育者の思い

獅子舞の迫力にビックリしたり、真剣な表情や満面の笑みで獅子舞を見ていて、一人ひとりが獅子舞を楽しむ姿が見られました。子どもたちに「獅子になってみたい人はいるか」という質問に対しては、多くの子どもたちが「はーい」と手をあげる姿もありました。こういった地域の方、お祭り、伝統に触れ、親しみを持つことは、様々な気づきにつながり、子どもたちにとって豊かな経験になると思います。これからも、子どもたちが地域の文化に親しむ体験が出来るよう積極的に関わりを持ち、子どもと地域をつなぐ機会を大切にしていきたいと思いました。

最後に、お忙しい中、保育園へ来て、獅子舞をしてくださった野尻湖神楽保存会のみなさん、ありがとうございました。

しなのちょうりつのじりほいくえん 信濃町立野尻保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 小林 恵子
運営法人 信濃町
運営法人代表者名 信濃町長
園の設立日 1963.7.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒389-1303 上水内郡信濃町野尻275
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-258-2345 
FAX : 026-258-2345 
MAIL : nojiri-h@town.shinano.lg.jp
ホームページ https://www.town.shinano.lg.jp/
定員数 未満児 : 6人 3歳児 : 10人 4歳児 : 10人 5歳児 : 10人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ