植物・生物 人・地域 川路を花いっぱいに🌻ひまわり大作戦

2018年5月17日

テーマ:
植物・生物/人・地域
年 齢:
3,4,5歳
ねらい:
・ひまわりの花の生長を地域の方と共に楽しみにする。
・ひまわり大作戦を通して、地域の方と交流し親しみをもつ。

活動内容

四月下旬に地域のおじさんから頂いたひまわりの種。その方が「この種から、川路が花いっぱいになったらいいなーと思うんだに。」と話してくれたのをきっかけに、子どもたちと“ひまわり大作戦”をやろうということになり、さっそくみんなで種をまきました。

ゴールデンウイークが過ぎたころ、かわいいひまわりの芽が生えそろいました。

雀につつかれ蒔き直しもしましたが、自分たちが蒔いた種から芽が出るのはみんな楽しみで毎日水をやってくれる子もいました。

川路が花いっぱいになるようにするにはどうしたらいいか子どもたちと相談して、家で育てたり川路のいろいろな方に咲かせていただくことになりました。

まずはみんなの家へ

そして、5月16日、17日の二日間は、“ひまわり大作戦”と称して川路地域のいろいろな施設へひまわりの苗を子どもたちが届けました。

三穂保育園、竜峡中学校、川路自治振興センター、JA川路事業所、グループホームあやめ、川路デイサービス、老人ホームハートヒル川路

天竜川総合学習館かわらんべ、

尾曾写真館

天竜峡交流館“ごゆっくり”

川路小学校

園児の39家庭と地域の施設11か所。大きなヒマワリが咲きますように🌻もちろん保育園にも植えて、みんなで生長を見守っていますよ。

子ども達のきづき

・どうしたら川路を花いっぱいにできるか?という話し合いの中で、「○○さんにあげたい。」「いつも、~してくれる。」など、地域でお世話になっている人のことを思ったり、関わりのある場所を「あー、ぼくもそこ知っている」と話したりしながら自分の住んでいる川路に関心を持つことができました。そして、実際にひまわりを届けることで顔を合わせ、言葉を交わし合えてよかったと思います。

・自分で蒔いたひまわりの種が目を出したとき、「私のひまわり芽が出たよ」「見て見て!」と、とてもうれしそうでした。「水をあげないと枯れちゃうでな。」「大事にしてね。」と、地域の方にかなり上から目線で教えている子もいました。(笑)それだけ、自分で育てた苗を大事に思う気持ちが強いのでしょうね。

事例に対する保育者の思い

・JA川路事業所の畑には、子どもたちが種をまいたひまわり迷路があります。ひまわりの種をくださったおじさんのアイデアです。「僕のせいよりも大きなヒマワリになったら、この迷路の中でおいかけっこやかくれんぼしたいな。」と楽しみにしている子どもたち。地域のいろいろな方にあたたかく見守られ、かわいがってもらいながら貴重な体験をさせてもらっているなーと、感謝のきもちでいっぱいです。

これからも川路保育園の子どもパワーで、川路が元気になるような楽しい交流をしていきたいと思います。

 

いいだしかわじほいくえん 飯田市川路保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 鈴木 康子
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和43年6月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒399-2431 飯田市川路3467-2
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-27-3202 
FAX : 0265-27-3202 
MAIL : ns-kawaji@city.iida.nagano.jp
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 15人 4歳児 : 15人 5歳児 : 15人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~18:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ