空・天気 人・地域 とがくし保育園そりゲレンデ

2018年2月9日

テーマ:
空・天気/人・地域
年 齢:
3,5歳児
ねらい:
とがくし保育園のそりゲレンデで体を十分に動かし、気持ちの良い風を感じながらそり遊びを楽しむ。

活動内容

保育園から歩いて10分程のところにある、『とがくし保育園そりゲレンデ』に出かけます。

実は、このゲレンデは地域の方の畑で、冬の間は使わないということで、貸していただきゲレンデになるのです。

年長児と職員が、一生懸命に新雪を踏み固め、初めにゲレンデ作りをします。

今日は近道から行こうとしたら、なんと!道の真ん中に、大きな雪山ができていました。雪片付けの場所になっていました。どうしよう?

悩む間もなく、ドンドン登り迷わず乗り越える子ども達。

日頃から、体を使って遊んでいる証拠ですね。

年長児の真似をして、年少児も負けずに登ります。たくましいです。

そりゲレンデに向かって、足跡のない雪原に足を踏み入れて行きます。誰も入ってないところに一番に足をつく瞬間が子どもたちは、嬉しいようです。

いざ!滑ろう!

スタート台を作り、スピードがでるように工夫してみました。

 

子ども達のきづき

そりを滑っていくうちに、どのようにしたらスピードが出るのか相談していた年長児。

「二人乗りして、前はスピード調節、後ろはバランスとる人だね」

何回もそり滑りしている間に、体でバランス感覚がわかってくるようです。

子どもの感覚は、本当に研ぎ澄まされています。

事例に対する保育者の思い

雪の上を歩いた後は、こんな感じです。結構、自分の体重で埋もれますね。

そんな中を、子ども達は何回も滑っては登りを繰り返し、走って登る子どももいたりします。

夢中で遊びながら、知らずうちに足腰も鍛えられ、楽しみながら体作りができるのも雪遊びの良いところですね。

帰りに通った道は、なんと、家の屋根と同じくらい雪が積もっている道。そんなところで、屋根のつららを発見してしまい、体を伸ばしながらつららを取る姿もありました。

子どもの気づく力にはいつも驚かされてばかり。

そしてこれも。木にできたつららを発見。「宝石みたい」と自然の神秘に感激です。

「溶けないためには、日陰にいれておこう」子どもたちなりに考えて、保育園の庭に作ってある小さなかまくらの中にそうっと入れていました。

「もぐら宝石店に飾っておいたよ」とかわいいつぶやきでした。

自然を通して、子どもたちなりに考え、工夫して遊ぶ姿が、生きる力に繋がっていくといいな。

 

ながのしりつとがくしほいくえん 長野市立とがくし保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 水野 辰也
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長
園の設立日 2011.4.1
認定日 2016.10.12
区分 保育所
住所 〒381-4102 長野市戸隠豊岡1541
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-254-3393 
FAX : 026-254-3393 
定員数 未満児 : 14人 3歳児 : 15人 4歳児 : 16人 5歳児 : 25人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金、土
基本開所時間 7時30分~18時30分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ