植物・生物 空・天気 雪山たんけんに出発~!

2018年1月26日

テーマ:
植物・生物/空・天気
年 齢:
5歳児
ねらい:
・雪山の自然に触れ、いろいろな発見を友達と一緒に楽しむ。
・起伏に富んだ山道を雪の感触を楽しみながら探検する。

活動内容

1月25日(木)

雪が積もった裏山に年長さんが探検に出かけました。ぎゅっ、ぎゅっと雪を踏みしめて進む山道は、いつもと景色が違います。

寝転んで空を見上げたら、すごっくいい気持ち。

「あっ、雲が動いていく。」

雪の中に足跡を見つけました。

倒木の上にも…。

「何の足跡かな?」「木に登って行っているみたいだ。」

「リスかな?」

猫みたいな足跡も発見。「たぬき?」

足跡を追跡して山の中へどんどん入っていきます。

子どもたちの足の速いこと…。

もう追跡できないところまで行って引き返してきたけれど森の中をぐるぐる、動物たちはいっぱい歩き回っているようでした。

雪の深いところでは、寝転んで人型を作って遊びました。

「腕をパタパタさせると天使の羽になるよ。」

「顔型も作っちゃお。」

「うわー、冷たい!」

「先生もやってみ~。」

思い切り遊んで、笑って、「あ~、面白かった。」と、帰ってきました。

 

 

子ども達のきづき

・雪の上に動物の足跡をいっぱい見つけて、どこへ行くの か、みんなで足跡を追いかけて面白かった。

・雪に顔をつけたときはふわっといい気持だけど、顔をあげるとキーンと冷たくて、ヒーって思うよ。

・サラサラの雪で、粉砂糖みたいだったよ。

・あ~、もう暑い。手袋、いらんわ。

(いっぱい歩いたら、体もぽかぽか💜)

事例に対する保育者の思い

いつもと違う森の風景に気づいてもらいたくて、子どもたちを誘って山へ。雪山でしか出会えないものがあって、子どもたちは好奇心の赴くままに、森の中を歩き回っていろいろな発見をしていました。

何の足跡だったのか?森にすむ動物に関心をもったり、気温によって雪の質が違うこと、雪質によって遊び方も変わってきたりすることなど、いろいろな自然の不思議に気付いてもっともっと、冬を楽しんでほしいと思います。

いいだしかわじほいくえん 飯田市川路保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 鈴木 康子
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和43年6月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒399-2431 飯田市川路3467-2
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-27-3202 
FAX : 0265-27-3202 
MAIL : ns-kawaji@city.iida.nagano.jp
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 15人 4歳児 : 15人 5歳児 : 15人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~18:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ