人・地域 食 お餅つきと凍み大根作り

2018年1月13日

テーマ:
人・地域/食
年 齢:
3,4,5歳
ねらい:
・臼や杵での伝統的な餅つきを知り、みんなでお正月のお祝いを楽しむ。
・凍み大根作りを体験し、昔ながらの保存食を知る。

活動内容

1月12日(金)

新年あけましておめでとうのお餅つきです。保護者会会長さん、副会長さんが応援に来てくれました。朝早くから火をおこして、もち米をふかします。

あったかいね。いい匂いだね。

お父さんたちもエプロン姿で、まずは“小突き”から。

さあ次は子供たちの出番です。

力を入れて、「よいしょ!」

頑張れ!よいしょ!みんなも応援です。

つきあがったお餅は、あんこ、きなこ、ごま、いそべ

4っつの味になりました。

さあみんな集まって会食。

柔らかくて、甘くって、ほっぺたが落ちそうなくらいおいしいお餅です。

すまし汁におなます。それから鏡開きだったので、お供え餅を揚げ餅にしてくれました。「カリカリしておいしい。」「ポップコーンみたい。」と、子どもたち。

お父さんと一緒で嬉しいね。

かまどのお湯で大根をゆでて、次は凍み大根作りです。

 

ゆでたての大根を食べてみたよ。

「甘~い。すごく甘い。」何もつけてないので大根そのままの味です。

 

年長さんが籠に並べました。

さあ、どんなふうに変化していくのかな?

子ども達のきづき

 

・年末にもお供えを作ったので、2回目のお餅つきでした。今回は自分も餅つきが出来るとあっておおはりきりの子どもたち。杵の重さや、餅を搗く感触、そして自分たちで着いたお餅のおいしいことに気づきました。

・凍み大根のゆであがった時の大根の匂い。「ん~?くさいなー。」という子もいました。食べてみたら「甘い!」自然の甘さ、大根の味、「こんなの初めて。」という顔で食べていました。

事例に対する保育者の思い

・お餅つきも、凍み大根作りも昔ながらのやり方で作っている家庭は少なくなりました。お友だちと一緒に体験し、五感で感じたことが、お正月のあたたかい思い出として心に残ってくれたらいいなと思います。保護者の方の力をお借りし、これからも少しずつ地域の食文化を子どもたちに伝えていきたいと思います。

 

いいだしかわじほいくえん 飯田市川路保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 鈴木 康子
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和43年6月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒399-2431 飯田市川路3467-2
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-27-3202 
FAX : 0265-27-3202 
MAIL : ns-kawaji@city.iida.nagano.jp
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 15人 4歳児 : 15人 5歳児 : 15人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~18:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ