植物・生物 空・天気 人・地域 つくる 園庭の木にクリスマスの飾りつけをしよう!

2017年12月22日

テーマ:
植物・生物/空・天気/人・地域/つくる
年 齢:
5歳児
ねらい:
・園庭の大きな木にクリスマスの飾りをみんなで飾ることで、クリスマス会への期待を持つ。
・自然物を使ってのクリスマスの飾りつけを友達と楽しむ。
・自分で制作したクリスマス飾りを飾ることを楽しむ。

活動内容

12月に入り、園庭にある大きな木にクリスマスの飾りをつけて素敵にしようということに・・

ここ何年か恒例になっており、子どもたちと職員で飾りつけをしました。

 

おじいちゃん先生「お星さまをてっぺんにつけるぞー」

子ども達「おじいちゃん先生がんばってー」

大きい組さんも未満さんも見上げて見守りました。長い竹竿で星を付けることに成功!!!

子ども達と職員から拍手が起こりました。

 

 

 

保育士「まだ寂しいね。葉っぱを付けたほうがいいかな?」

 

 

 

 

子どもたち「そうだね。拾ってくるね・・・。」

 

プラタナスの葉っぱを集めて次々と花束にして持ってきました。

 

 


「どの葉っぱにしようかな。」

 

 

 

 

 

「いっぱい拾って作ろう。」

 

 

 

 


木を囲むように割った竹を下の方に付けました。そこに、年長さんが作ったベルも飾りました。

こどもたちが拾って花束風にしたプラタナスの葉も新たに付けてにぎやかになりました。

 

数日後、この木にサンタさんの手袋が落ちていて大騒ぎになりました。そのことをサンタさんに知らせようと手紙を書いたら、サンタさんがどうやら取りに来たようで手袋はなくなっていたのです。

 

子どもたちから、サンタさんをクリスマス会に招待したいという声があがり、サンタさんへ、お便りを出すと、サンタさんから、またまたお返事がきました。園のクリスマス会に来てくれるというのです。みんなで、すごく楽しみに待っています。

 

 

 

 

 

 

 

子ども達のきづき

・大きい木へクリスマスの飾りつけ。「高ーい!」と見上げていました。大きな木の迫力が伝わったようでした。

・プラタナスの落ち葉拾いは、枯葉を踏みしめながら取りに行き何度も行き来するのが楽しいようでした。

・この木に落としていったサンタの手袋には、SANTA の文字がありました。子ども達は、「何かかいてある。」と大騒ぎ。英語のわかる職員に読んでもらいサンタと書いてあることが判明した時みんなの目が輝いていました。

 

 

 

事例に対する保育者の思い

園庭の木への飾りつけをきっかけにして、サンタさんとのやりとりに気持ちを向け、クリスマス会に期待を膨らめてほしいと思い活動してきました。サンタさんが、手袋を落とす事件あり、サンタさんとの手紙のやり取りもあり、様々な活動につながっていきました。子どもたちのいろいろなアイデアが生まれ、イメージを持ったこと等、子ども主体の活動が多くできたと思います。

あずみのしりつかみかわてにんていこどもえん 安曇野市立上川手認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 渡辺 寿美子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1956.2.6
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8203 安曇野市豊科田沢4917-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-2285 
FAX : 0263-71-2601 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 15人 3歳児 : 13人 4歳児 : 26人 5歳児 : 26人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ