人・地域 冬がやってきたよ~。

2017年12月12日

テーマ:
人・地域
年 齢:
3~5歳児
ねらい:
・冬の訪れを感じながら、散歩を楽しむ。
・三穂保育園のお友だちと触れ合い、交流を深める。

活動内容

秋が深まるころから、隣の地区の三穂保育園と行ったり来たりしながら交流をしています。園のすぐ裏の学友林で遊んだり、一緒に給食を食べたり・・・少しずつ仲良くなっていきました。

そして、だいぶ寒くなってきた12月7日(木)今日はどんな発見があるかな?と、ワクワクしながら三穂方面に散歩に出かけました。

日蔭は真っ白な霜に覆われています。「うわ~、雪みたい。」「これ、凍ってる。「冷た~い。」

大事に持っていたら「とけちゃった。」

 

山道で拾った軍手。「これサンタクロースのじゃない?」「もうすぐクリスマスだよなー。」「夜に落としていったのかも?」「三穂の人がサンタのおうちだって教えてくれたに、前に。」「行ってみるか~。」子どもたちの可愛らしい夢も膨らみます。

木々はすっかり葉をおとし、山道にはたくさんの落ち葉が積もっています。足でかき分けながら「ざくざく言って気持ちいい。」「ふわふわしてるよ。」「「すべる~!」と子どもたち。

「かまきりのたまご、みーつけた!」今年はどれくらい雪が積もるかな?

学友林の森を抜け、高松峠を越えると三穂の里。

保育園のお友だちが焼きリンゴを持って、会いに来てくれました。

 

「ねえ、サンタさんの家ある?」「あっ、赤い服の人、サンタさん?」「おーい!」「こんにちはー!」遠くの家に向かって手を振る子どもたち。近所のおばさんだけどテンションが最高に上がっていました。

甘くておいしい焼きリンゴ、ごちそうさまでした。

子ども達のきづき

散々遊んできた秋の山がいつの間にか冬景色。霜や氷の冷たさ、乾いた落ち葉の感触、音、冬を越すかまきりの卵など、冬の訪れを肌で感じていた子どもたち。同時に、12月ならではの子どもたちのワクワクが楽しい発見となって、散歩を彩りました。

三穂保育園のお友だちとも、「また会えたね。」と手をふったり、大きな声で呼び合ったりしていました。前回の交流で見た「サンタの家」会話もちゃんと覚えているところに驚きでしたが、それだけ仲良しになってきているんでしょうね。

事例に対する保育者の思い

三穂と川路は同じ竜峡中学校区、お隣の地区ということもありずっと交流をしてきました。この秋、川路保育園と三穂保育園の保護者会、地域おこし協力隊の方々が整備してくださり、今まで通れなかった山道が通れるようになりました。近道ができて行き来がしやすくなりました。

また、学友林も地域の方が安全に遊べるようにと下草を刈って下さり、倒れそうな木を撤去、倒れていても遊べそうな木は自然のまま残しておいてくれるなど、子どもたちのためにとお骨折りくださっています。

地域や保護者の皆様に感謝し、この自然環境をしっかり保育に活かしていきたいと思っています。

いいだしかわじほいくえん 飯田市川路保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 鈴木 康子
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和43年6月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒399-2431 飯田市川路3467-2
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-27-3202 
FAX : 0265-27-3202 
MAIL : ns-kawaji@city.iida.nagano.jp
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 15人 4歳児 : 15人 5歳児 : 15人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~18:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ