空・天気 早く雪降らないかなー。

2017年12月5日

テーマ:
空・天気
年 齢:
1〜2歳児
ねらい:
・友だちや保育士と一緒に模倣遊びを楽しむ。

活動内容

窓から外を見つめ、「雪ないねー。」という子ども達。

以前、雪が降ったときに雪の上を歩いたり、走ったり

雪だるまを作ったり

氷を集めたりして楽しんだからか、雪が待ち遠しくてしょうがないようです。

そんな話をしていると、女の子が「アナになりたい!」と言い、その声につられて「私も!」「私も!」とアナと雪の女王ごっこが始まりました。「大きいお城ができるんだよね!」「(手を広げて)こうやるんだよね!」とエルサやアナになりきる子ども達。髪の毛もばっちりきめて、歌に合わせて踊りを楽しみました。

すると、「僕もアナになりたい!」と三つ編みが羨ましくなった男の子に、「これでもいいかな?」と毛糸を差しだすと、「うん!」と言って頭につけて髪の毛にして楽しんでいました。

一日アナと雪の女王になりきって遊び、帰りの前に雪が降ると、子ども達は「雪が降ったよー!」「アナと雪だー!」と願いが叶って大喜びしていました。雪が積もったら、外でもアナと雪の女王ごっこが楽しめそうです。

子ども達のきづき

〜雪遊びの場面から〜

「せんせー!」「めがね!」「でも見えない!」透明だけど見えない・・・なんで?

氷をずっと触っている二人。「冷たいね。」「うん。」

上から落ちてくる水に夢中な男の子。

遊んでいる中でもふと立ち止まってじーっと見つめたり、触って確かめたりする子ども達。言葉は少ないですが頭の中でいろいろな事を考えている様子が見られました。子ども達の様子から、大人は疑問に思わないところでも、子ども達にとっては不思議なことがたくさんあるのだと改めて感じました。

事例に対する保育者の思い

「雪」と言うワードからごっこ遊びが発展し、イメージをしながら遊べるようになってきていることに成長を感じました。雪遊びの場面では、まだ自分の気持ちを表現する言葉を多く持っていない子ども達ですが、きっと頭の中ではいろいろな思いを巡らしているんだろうなと今回の姿を見る中で感じました。子ども達の様子から、どんなことが面白いのだろう、どんなことに興味を示しているのだろう、そんなことを考えていくと子ども達の世界に一歩足を踏み入れられるのではないかと思いました。これからの雪遊びがとても楽しみです。

しなのちょうりつふじさとほいくえん 信濃町立富士里保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 丸山 友紀
運営法人 信濃町
運営法人代表者名 信濃町長
園の設立日 1974.4.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒389-1314 上水内郡信濃町穂波446
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-255-3416 
FAX : 026-255-3416 
MAIL : fujisato-h@town.shinano.lg.jp
ホームページ https://www.town.shinano.lg.jp/
定員数 未満児 : 12人 3歳児 : 13人 4歳児 : 13人 5歳児 : 13人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ