植物・生物 水 空・天気 人・地域 さわガニ採りにいったよ!(おもと会の方々と)

2017年8月24日

テーマ:
植物・生物/水/空・天気/人・地域
年 齢:
3歳児・4歳児・5歳児
ねらい:
・地区の老人会(おもと会)の方々と交流をしながら、沢ガニ採りを楽しむ。
・水の冷たさを感じたり、沢ガニを見つけたり、沢ガニの感触を味わったりする経験をする。
・生き物を身近に感じたり、大切に思う気持ちを培う。

活動内容

 

今年も、恒例の沢ガニ採りに行ってきました。老人会(おもと会)の方々の力をお借りして。

今回は、なんと3度目の正直。ようやく晴れて、行くことができました。

担任らは、バケツを片手に、子どもたちと近くの川へ・・

川に降りて、沢ガニのいそうなところまで、歩きます。冷たい川に靴ごと入って、石だらけのところを進みました。

 

おじいさんが「よーく見てるんだよ。石をどけるから・・いるかな?」

石をどけると、下に隠れていた沢ガニが出てきました。

「ほーれ。捕まえられるか?」の声に大急ぎで捕まえる子どもたち。おじいさんが、捕まえたカニを持たせてくれたり、怖がる子には「これなら大丈夫。」と赤ちゃんガニを持たせてくれたり、それでも怖がる子には、「怖くないよ。」と見せてくれました。

子ども達は、おじいさんやおばあさんの後をついて回っていました。

  

 

バケツの中には沢ガニがいっぱい。 「沢山採れたね・・」

赤ちゃんガニも沢山採れましたが、逃がしてきました。

 

園に戻ると、バケツから水槽に移してあげました。

担任が、「ほら、おなかを上にして入れるとひっくり返るんだよ。」

と言いながら移していると真似して、「ほんとだー」と歓声を上げていました。

 

「何食べるんだろ?」と、子どもたち。図鑑で調べて、「かつおぶし。米。」と話していましたが、「お家で聞いてくる。」ということになりました。

 

数日後

「パン持ってきたよ。」「ほら、食べるでしょ。」

とパンを食べる沢ガニを観察しました。

 

もうしばらく観察したら、元の沢に返します。また、来年の沢ガニ採りを楽しみに・・。

  

 

 

 

子ども達のきづき

①沢ガニが水の中にいるだけでなく石の下にいるのを見て、「お水の中にいないの?」と水のないところにもいるのが不思議そうでした。

②保育士たち「ねえ、こんなにいっぱい採れたけど、赤ちゃんガニどうする?」

子「かわいそう。返してあげる。」と口々に答えが返ってきました。生きものに対する優しい気持ちが伝わってきました。

③当日、「カニにかまれた!」つかもうとする手のひらに沢ガニのハサミがあたり、そんな風に大騒ぎをしていましたが・・・。

・・・・・数日後、担任が給食の煮物の人参を水槽に入れてあげました。その人参をカニがハサミでつかんで口に入れているのを見て、「カニにかまれたんじゃなくて、挟まれたのかも・・」と話していました。

沢がにの口の場所をみつけたようでした。

また、人参苦手の子も給食の人参をカニと一緒に食べていました。

 

 

事例に対する保育者の思い

・毎年恒例になっている、「沢ガニ採り」今年は天候不順で2度も延期となりましたが、地区の老人会(おもと会)の方が「行ってやるじ。」と快く引き受けてくださいました。

・おもと会の方々は、沢ガニのことをよくご存じで、危険の無い様に見守ってくださったり、いろいろなことを教えてくださったりするので、子どもたちも思い切り楽しむことが出来ました。

・地域の自然に触れることができ、しかも地域の方と触れ合うことができる行事ですので、これからも大切にしていきたいと思います。

 

あずみのしりつかみかわてにんていこどもえん 安曇野市立上川手認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 渡辺 寿美子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1956.2.6
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8203 安曇野市豊科田沢4917-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-2285 
FAX : 0263-71-2601 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 15人 3歳児 : 13人 4歳児 : 26人 5歳児 : 26人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ